FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト健康  »  05年に手術ミス 今も意識不明
RSSフィード
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
親父日記 ブログランキングへ BS blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
執刀医に異常伝えず…手術ミスで女性が意識不明

医療過誤の問題は凄く難しいですね。
産科医不足は、訴訟リスクを恐れて、その科を選択する
医師が少ないためだと聞きますし、あまりに
医療行為中のミスを法的に追求しすぎると
それこそ、医師になりたいと思ってくれる人が減ってしまいます。
 
もともと、その患者さんの命を救おうと頑張って下さる行為の中で、
人はミスをするものだという前提で話をすすめるならば、
やはりそれを罪に問うべきではない、とも考えられます。
 
ですが、実際に自分の家族や知人が医療過誤のため
命を落としてしまったとしたならば、
そんな客観的なことなど、到底言ってられないのも当たり前で…。
 
私の大切な友人の奥様が、出産の際に命を落とされました。
友人は、「子供はまた作ることができる。女房の変りはいない。
子供の命よりも、女房の命を救って欲しかった」と、通夜の夜泣いていました。

子供は助からなくても良いから女房を救って欲しかった。

一見、不謹慎にも感じられてしまう言葉ですが、
大切な奥様を亡くされた直後の、偽りのない気持ちなのでしょう。
傍らの私もその時には、産科の医師に対する怒りに満ち溢れていました。
 
医師になる人がいなくならないような配慮も必要ですし、
でもやはり患者やその家族は、ミスで命を落としたくない。
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
スポンサード リンク
検索フォーム
楽天市場でお買い物
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。