RSSフィード
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
親父日記 ブログランキングへ BS blog Ranking
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は何の日?
 
今日、3月26日はカチューシャの歌の日だそうです。
 
島村抱月と松井須磨子という人が起こした芸術座で、
1914年の今日、トルストイ原作「復活」の初演があり、
その劇中歌が「カチューシャの歌」だったのだそうです。
 
私は「カチューシャの歌」というよりも、
AKB48の「Everyday、カチューシャ」しか知りません。
 
また今日は、2010年に足利事件再審で無罪判決が出た日です。
当時のDNA鑑定の精度が争点でしたが、当時のそれの証拠能力は
ないとの判断が下り、無罪となりました。
よく「裁判で真実を明らかにしたい」という言葉を耳にしますが、
裁判とは、決して真実を明らかにする場所ではありません。
 
例えば刑事裁判ならば、検察側が用意した証拠により、
被告人を罪に問うことができるか、できるとしたら
量刑はいかほどが適当なのかだけを決める場所でしかありません。
仮に証拠不十分により、ある被告が無罪になったとしても、
裁判所はその被告の潔白を証明してくれる訳ではありません。
足利事件の再審だって同じです。
当時のDNA鑑定の精度では証拠にならないから、有罪と断定できないから
「疑わしきは被告人の利益」の原則に沿って無罪が出ただけで、
菅家さんは潔白でした、とは決して言っていないのです。
 
民事裁判ならなおさら、真実がどうとか関係なく、
争っている両者が、より納得感のある落とし所を探り、
円満に解決できるか、を裁判官は考えます。
大抵は判決を出さずに和解で決着できないか、勧告してきます。
 
裁判は、真実を明らかにする場所ではありません。
正義を実現する場所でもありません。
 
スポンサーサイト
今日は何の日?
 
今日、3月25日は電気記念日です。
 
1878年の今日、東京・銀座木挽町中央電信局が
開設されたことにちなんでいます。
 
電気の発明、
(というか、電気というのは、雷に代表されるように、
元々自然界に存在するものですので、
電気の活用方法が発明されたという言い方の方が
正しいかもしれませんが)
以来、人々の生活は劇的に変わりました。
今や、電気の無い暮らしなど想像すらできません。
日本ではその電気が国土の隅々まで配電され、
おおかたの国民がその恩恵を受けています。
 
しかしその電気を生み出すためにはタービンを
回さなければなりません。
タービンを回す動力源として、化石燃料を燃やしたり、
原子力に頼ったりしています。
原子力に頼ると放射能の恐怖と向き合うことになります。
安全性が確保できない原子力を活用し続けて良いのか
という議論がなされています。
そう簡単に答えの出ない問答でしょう。
 
でも、例えば、
今、世界中の空を飛び回っている飛行機についても、
実は、なぜ飛行機は空を飛べるのか、という
究極の問答については、完全に解明し切れてはいないのです。
航空力学等、かなり真相に近付いているのかもしれませんが、
完全解明には至ってません。
 
その原理が完全解明されていない乗り物に
我々は日々命を預けて乗っているのです。
 
宇宙に飛び立つ宇宙飛行士だって、
そのほとんどが解明されていない宇宙に向かって
勇気一発飛び立っています。
 
その全てが確立されていない技術に、
人類の明日を託しているのは、
なにも原子力に限った話ではないのです。
スポンサード リンク
お知らせ
スポンサード リンク
検索フォーム
楽天市場でお買い物
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。